So-net無料ブログ作成
検索選択

泣いたのは、わたしでした。 [育児]

20100405140716.jpg

“マッチうりの少女”は、苦手なストーリーなので、
読み聞かせたことはありませんでしたが、
意を決して初挑戦。

物語の半分くらいで堪えきれなくなり泣いてしまいました。
「かわいそうね、かわいそうね」と
鼻をかみながら途切れ途切れに読むわたし。

「おかあさん ないてるの?」
「おかあさん だいじょうぶ?」
「おかあさん がんばれ!」

息子に背中をさすられながら、どうにか終わりまで読みきりました。
息子は話の内容よりわたしに注目。
頑張ったのに、話が伝わっていない・・。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 2

コメント 2

りんご

お母さんが泣く話 って事で印象に残ったのでは?
見ているのは何の絵本かな(^v^)
by りんご (2010-04-06 07:06) 

ijun

りんごさん、コメントありがとうございます。
子ども向けの話って、どれも残酷ですよね。
昨日読んだのはしらゆきひめ、かちかち山、うらしまたろう・・どれも、話がオカシイ!
息子がいつも一人でにらめっこしているのは乗り物図鑑です。
図鑑持ってきて「よんで~」と言われると、ちょっと逃げたくなります。
by ijun (2010-04-07 06:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。